ゴルフレッスンは駅近で安い、習い放題のインドアゴルフスクール『ステップゴルフ』無料体験受付中!!

ゴルフのラウンド時間は?10時スタートなら何時に終わる?

ゴルフのラウンドってどれくらい時間がかかるのかわかりにくいですよね。

ラウンドにかかる時間がわからなければ、何時からスタートするのがよいのかもわかりません。この記事ではそんな悩める初心者ゴルファーのために、ゴルフのラウンドにかかる時間や初心者と上級者のラウンドにかかる時間の違いを解説していきます。

この記事を読めば、初心者がゴルフのラウンドをする場合でも、ラウンドにかかる時間の目安がわかるようになり、スタート時間も決めやすくなりますよ。

監修者 野口
ゴルフのラウンド時間は18ホールで4時間半がよいとされていますが、コースに慣れていない初心者の方だと時間が押すこともしばしば。余裕を持ってプレーができるようにスタート時間を調整しましょう!

ゴルフのラウンドにはどれくらいの時間がかかる?

この章ではゴルフのラウンドにかかる時間を解説します。

18ホール回る際の時間の目安

ゴルフ場が推奨しているベストなプレー時間は、18ホールで4時間30分以内です。

初心者なら、18ホールで5時間が目安。ベストな時間で回るのはなかなか難しいですが、少しでもプレーファストで回れるように努力はしましょう。

また、休日の人気ゴルフ場や大型連休のゴルフ場では、予約をパンパンに入れて混雑していることもあります。混雑した状態だとハーフの9ホールで3時間かかることもしばしばありますので、そこは注意してラウンドしましょう。

ラウンドの流れとそれぞれに要する時間

実際にラウンドで要する時間の内訳を項目ごとにまとめてみました。

項目所要時間
1.チェックイン約5分
2.着替え約10分
3.ウォームアップ約10分
4.練習約30分〜1時間
5.前半ラウンド2時間15分〜3時間
6.昼休憩約1時間
7.後半ラウンド2時間15分〜3時間
8.入浴、着替え約30分
9.チェックアウト10分
10.トータル7時間〜9時間

ここでは雑談やトイレの時間は含めていません。手を止めてゆっくり雑談したしたい人や、ゆっくりトイレに行きたい人はその時間も考慮して、早めにゴルフ場に行くことをおすすめします。

スループレーの場合にかかる時間は?

スループレーとは、お昼休憩を挟まずに連続して18ホールをプレーするスタイルです。お昼休憩を挟まないので、その分早くプレーができます。平均で4時間前後でラウンドを終わらせられます。最近ではコロナウイルス対策として、人との接触が少ないという観点から注目されました。

ハーフラウンドにかかる時間は?

ハーフラウンドとは、通常は昼の休憩を挟む18ホールのラウンドのところを、前半9ホールのみプレーすることです。早朝や薄暮の時間からのスタートが多く、ハーフラウンドにかかる時間は2時間15分が目安です。初心者でも、2時間30分で回るのが目安となるでしょう。

参考:1日に2ラウンド回ることは可能?

ゴルフ場によっては、日照時間の長い6月後半から8月あたりの平日に、1日2ラウンドが可能なこともあります。

1日に2ラウンドする場合は、「早朝スループレー、昼休憩を挟んで午後からもスループレー」が基本です。体力的にかなりキツいので、1日2ラウンドをするときはしっかりコンディションを整えなければ、熱中症などのトラブルにつながります。

ゴルフのラウンド、理想のスタート時間は?

ここからはゴルフのスタート時間について解説します。

基準となるゴルフの理想的なスタート時間は、8時30分〜9時30分です。なぜなら、前半が終わり休憩となるタイミングがちょうどお昼ごろだからです。

もう少しくわしく、いくつかのパターンに分けてみてみましょう。

10時にスタートした際の終了時間は?

仮に、10時にラウンドスタートしたらどのようなスケジュール感になるのでしょうか。着替えてチェックアウトまでの時間をシミュレーションしてみました。

10:00前半ラウンドスタート
12:30前半ラウンド終了
12:35昼休憩
13:30後半ラウンドスタート
16:00後半ラウンド終了
16:30入浴、着替え
16:45チェックアウト

10時にスタートしても前述の目安時間でラウンドを回ることができれば、やや昼食のタイミングが遅くなりますが、チェックアウトが遅くなりすぎることはありませんね。

ちなみに、ゴルフコンペの場合はラウンド終了後に表彰式などがあるため、さらに1~2時間要することがあります。

最終スタート時間は何時?

一般的なゴルフ場でのラウンドでは、何時からでもスタートできるのではなく、最終スタート時間が決められています。

最終スタート時間は、10時から10時30分の間であることが多いです。日照時間の長い時期は、11時頃までスタート時間を伸ばすゴルフ場もあるようです。

一方で日照時間が少ない時期は、最終組スタートとなるとラウンド終了が日没ギリギリになることもあります。最終組は後続の組がいないのでのびのびとプレーできますが、日没との戦いになることもあるので、初心者は注意してプレーしましょう。

スループレーなら早朝や午後からでも回れる

スループレーなら、通常のプレースタイルではスタートできない早朝や午後などの時間からスタートできます。昼休憩を挟まないので、ラウンド時間が短縮されゴルフ場の都合に柔軟に対応できるからです。早朝は涼しく快適にラウンドできるのでおすすめです。

ただし、ゴルフ場によってはスループレーではロッカールームが利用できないこともあります。予約の際は注意事項を確認するとよいでしょう。

スムーズにラウンドを回れるか不安な方は、ステップゴルフのコースレッスンがおすすめ!実際にコースを回りながらコーチ付き添いのもとゴルフを学べます。

初心者と経験者でラウンドの時間は変わる?

この章ではゴルフの初心者と経験者のラウンドの時間の違いについて解説します。

初心者と経験者でどれくらいの時間の差がある?

ゴルフの初心者は、経験者と比べて1ホールごとに2~10分ほど遅れる傾向があります。

初心者はトラブルやアクシデントが起きやすいので、さらに遅れることも。初心者ならある程度準備をしてラウンドに臨まなければ、時間がかかりすぎて回りきれないことさえあります。

初心者のほうが時間がかかる理由

初心者のほうが時間がかかる具体的な理由を紹介します。

  • ゴルフの技術がない
  • ゴルフに流れやルールに慣れていない
  • コースマネジメントができない

単に技術がなく打数が増えるだけでなく、ゴルフに慣れていないと次のアクションがわからずに時間を空費していきます。

また経験者が初心者をサポートすれば、ラウンド時間は自然と短くなります。

プロゴルファーのラウンド時間は4時間

プロゴルファーは平均で4時間でラウンドするといわれています。アマチュアゴルファーでもスムーズに回れれば4時間ほどでラウンドできるので、プロゴルファーとたいして変わらない気がしますよね。

しかしプロゴルファーはボールを打つまでの準備段階に入念に時間をかけます。ゴルフの中継を見ればよくわかりますが、プロのグリーン上のラインを読む時間はとても長いですよね。プロゴルファーはアマチュアゴルファーと同じ時間でラウンドをしても、プレーまでの準備に時間をかけて、プレー自体はとても速いのが特徴です。

2人と3人の場合でラウンド時間はどれくらい変わる?

ゴルフは基本的に4人でラウンドするもので、ラウンド時間の目安は4人で5時間と考えましょう。

しかし、3人や2人でプレーするときもありますよね。そんなときは組で1人減るごとに20分のプレー時間の短縮と考えましょう。2人のラウンドなら4時間20分のラウンド時間、3人なら4時間40分のラウンド時間と考えるのがよいでしょう。

ただし、ゴルフは前後の組の影響があります。自分たちが2人組でも、前の組が4人組なら当然、待たされることになります。2人や3人でプレーラウンドするときでも、ゴルフ場の混み具合や前の組の関係によって、ラウンド時間は変わらないこともあるのを理解しておきましょう。

ゴルフのラウンドを回るときの、時間に関する注意点

机に描かれたチェックボックス

ここからはゴルフのラウンドを回る際の時間における注意点を解説します。

ゴルフのラウンドを回る際の時間に関する注意点は以下のとおりです。

  • 前後の間隔を守ったプレーを心がける
  • プレーファストを心がける
  • スタート時間の10分前集合を心がける

くわしく解説していきます。

前後との間隔を守ったプレーを心がける

ゴルフのラウンドを回る際は前後との間隔を守ったプレーを心がけましょう。前の組がいる場合は、前の組に1ホール以上離されないことが大切。1ホール以上離されてしまうとスロープレーとなり、ゴルフ場と後ろの組に迷惑をかけることになります。

逆に、前の組が遅いこともあります。そのときは、前の組がまだ目の前にいるにもかかわらず、前の組に打球を打ち込むことは絶対にないようにしましょう。打ち込みは他人の命を奪うかもしれない、重大な事故になる可能性もあります。どんなに前の組が遅くても、打ち込むことだけはしないようにしましょう。

プレーファストを心がける

ゴルフのラウンドを回る際は、プレーファストを心がけましょう。具体的には残りの距離を計算して使用するクラブを決めておく、ボールを打ちに行くときはクラブを2、3本持っていく、素振りは2回までにするなどです。

初心者で具体的な心がけが難しいという方は、意識するだけでも違います。それだけで一つ一つのアクションが速くなり、スロープレーを防げます。

スタート時間の10分前集合を心がける

ゴルフのスタート時間10分前にはティーグラウンドに集合することもポイントです。誰かを待ってタイムロスすることなく時間通りに始められるようにする工夫が、10分前集合です。

また、当日の進行状況によっては、予定の時間より早くラウンドがスタートすることもあります。早めに集まればそれにも対応できますね。

時間の目安どおりにプレーするにはある程度の経験が必要!

ここまではゴルフのラウンドにかかる時間の目安と目安どおりにプレーする方法を解説してきました。しかし、「正直厳しいな」と思った方もいるでしょう。実際そのとおりで、経験を積んだゴルファーでも調子次第でラウンドに時間がかかることもあります。

あまりに未熟だと時間がかなり押すことも

ゴルフ場デビューをする人は平均で120〜150打ほど打つといわれていて、それ以上打ってしまう人もいます。それだけ打ってしまえば、ラウンドにかかる時間はかなり押してしまいますし、同じ組の人や後ろの組の人に迷惑をかけてしまいます。

ゴルフ場デビューする人にとって、最初の壁ともいえるでしょう。

ラウンドでのスキルを高めるならラウンドレッスンが効果的!

「時間がかかり他人に迷惑をかけたくない……」という方はゴルフスクールでのラウンドレッスンがおすすめです。ゴルフスクールのラウンドレッスンなら、ラウンドでのスキルやマネージメントを高められ、ゴルフ場デビューもスムーズにできます。

またゴルフスクールによっては專門のレッスンコーチがゴルフ場デビューまでつき合ってくれるプランもあります。ゴルフデビューに不安のある方は、ぜひ利用してみてくださいね。

ステップゴルフのラウンドレッスンはレベルに合わせた複数のプランを用意しています。送迎付きのプランや無料のクラブレンタルもありお気軽にご参加いただけます!

ゴルフのコースで時間を確認する男性
最新情報をチェックしよう!
    >いつもの駅前に、ゴルフを楽しむ庭を持とう。

    いつもの駅前に、ゴルフを楽しむ庭を持とう。

    ゴルフは、お金がかかる。上達に時間もかかる。
    初心者には、興味があっても敷居が高い。
    ステップゴルフは、そんなゴルフライフの常識を
    変えるために生まれました。

    CTR IMG